アルファルファタコゾウムシ

アルファルファタコゾウムシ4

昨日の繭から、今朝、成虫が出てきました。
検索すると、アルファルファタコゾウムシでした。

アルファルファタコゾウムシ5

ヨーロッパ原産の外来種で、マメ科を食害するそうです。
幼虫は空き地の草むらのカラスノエンドウを食べていたようです。

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

たまたま見つけた繭を三日間部屋に置いておいただけなんですよ。
ただ見守っただけでも、可愛くなるものですね(^^)
これが蝶ならもっと感動的かもと思いました。

驚きの観察です。

かぜくささん、こんばんわ。

へぇー、
アルファルファタコゾウムシが繭を作るんですか!
びっくりです。
他のゾウムシにも繭を作るのがいるのかなあ。
まこと驚きの観察です。

花虫とおるさん

こんばんは♪
ゾウムシが葉などに繭を作るなんて知らなかったので、小さなガかな・・と思いました。
虫たちの作る繭や巣など興味があるので、この小さな透けた繭もすぐに目にとまりました(^^)
白くてきれいな繭でした。
隣が空き地で草がいっぱいなので、虫たちも賑やかです♪

アルファルファタコゾウムシですか~~~~楽しそう虫ですね。
タイミング良く写せましたね。

直さん

名前も面白いですよね!
部屋に置いていて、朝見ると動きはじめていました♪
いじらしいなと思いました(^^)