赤いダニが身づくろいをしていました。

スナップショットh 1 (2014-11-08 19-41)

点のようにしか見えなかった赤いダニが、ていねいに身づくろいをしていました。



youtubeの画面へ 少しだけ大きいです→http://youtu.be/0L8A0Q2DE_E?list=UUQ29VcdQYlxvFwVGMwNSsBA

不鮮明ですが、一本ずつ、すべての脚を整えていました。

関連記事

コメント

非公開コメント

動画、すごいですねー・・・!
地衣類の森に真っ赤な体は目立ちますが、こうして拡大してみなければ分からない、営みがありますね。
ダニは小さいですが、魅力的な造形です。

急にスイッチが切り替わって、走る始めるところがまた面白いです。

おはようございます!
わおー!v-14 これまた凄いですね!
ゴミが付いたりして目が曇るから、手入れしているのでしょうねv-8
目が悪い私は 身につまされます(^0^)
トンボなどについている 「タカラダニ」でしょうか?!
あの、米粒より小さいダニを こんなに大きく撮るとは・・・
凄いマクロレンズですね!v-91

クマG さん

写して拡大してみると、小さな生き物が何をしているのか分かって面白いですね♪
体にくらべ脚は透き通るようにわずかに色が薄くて、きれいだなと思いました。
最後に走るところは追いつけず、編集してカットしようかと思いましたが
走る早さを記録したくてそのままにしてみました。
そのままにしてよかったです(^^)

白雲さん

こんばんは♪
あ、目の手入れですか!
私も目が疲れやすいです。
タカラダニかなと思いましたが、よくわかりませんでした。
ほんとに小さな点にしか見えないダニでした。
コンデジなのですが、一センチに近づいてもまだ拡大できるカメラなのです。
使いこなせるかわかりませんでしたが、拡大できるのはやはりいいものですね♪

最初は深海性のカニかと思いました(笑)
素晴らしいですね、高倍率のデジウカメ。以前から使っている
機種ですか?
カミキリムシなどに付着しているのもこのタイプのダニでしょう
かね。

翼さん

そう言われてみると、海の底の赤いカニに見えてきました(^^)
虫などに良くつくタカラダニに似ているのですが、少し違うようにも見えて、本当の名前を知りたいです。
最近オリンパスTG-3にしました。
以前のカシオが好きだったのですが、曇りが出てしまったので変えました。
最近の実やタネは深度合成で写してみていますが、正しく使えているかわからなくて。
拡大できることはやはり面白いです。

TG-3をお使いなんですね!
いろいろ面白そうな機能が付いていて、しかも頑丈・防水、かなり気になるカメラでした。
野山で使うにはもってこいですよね。
写真楽しみにしております!

クマGさん

そうなんです♪
皆様の参考になるかなと機種名を書いてみました。
頑丈というところが期待したいところです。
肉眼では良く見えないほどのタネなどを写すのは前から見るとかなり楽になりました。
カメラの設定とかなかなか理解できなくて、参考にはならないかもしれませんが
また見て下さいね。

前のカメラより少し重いので
逃げていく虫を追いながら、片手で動画など写すのができなくなるような気がしています(^^)

真っ赤なダニちゃん♪

真っ赤なダニちゃん♪
自分が好んで、ダニちゃんに生まれてきたわけでもないだろうに
何を思ってこの場所にいたんだろうネェ~
もし、話が出来るものなら聞いてみたいものです。
「なんで、おまえ真っ赤なんだ?」
ギャハハ


昔から、こういうものをず~~と眺めていたり・・・
かぜくささんも、少しマクロ観察 好きなんだろうか・・・
またまた昔、小さな用水路の水の中ず~~と眺めていたら、タイコウチやタガメ、が・・・
腕伸ばして・・・水の中へドバっと!夢中になっておりました。
おいらの股の下を、ジムグリが通っているとも気が付きもせず・・・
でっけ~のなんの・・・腰抜かすかと思ったじょ
すみませんまた、昔の話で・・・

あっとそれから。。。

ほんと~に、牛の落し物の側に行きたいんですか?
いや~おいらは、遠慮したいですぅ~
まぁ~かぜくささんがどうしてもとおっしゃるならお付き合いしてもよいですガ~
ギャハハ

jiji in inaka さん

jijiさんは、小さなものなどをずっと眺めてきたのですね。
自分が何に生まれてくるか、考えると不思議ですね。
私も最近になって、より小さなものを見るのが面白くなりました♪
昔は生き物が住む用水路がありましたね。
最近は生き物は住めない水路になりました。
タイコウチやタガメは私は知らないのです(;_;)
見たいですね~!
ジムグリは怖そう、そんなに大きいのですか!
蛇はアオダイショウとヤマカガシに出会うのが多いですね。
どうしてもオオセンチコガネに会いたいので、牛さんのいるところにいつか行きます(^^)