森のエビフライ

エビフライ17

針葉樹の植えてある山の公園で、ヒマラヤトウヒのエビフライを拾いました♪

エビフライ48-2

下を見ながら歩いて行くと、ところどころにリスか誰か?が食べたあとがありました。

エビフライ

どれもヒマラヤトウヒのようです。

エビフライ15

広い範囲を歩いてみたかったのですが、黒い子どものイノシシが横切って逃げていったり
熊もいるので、あきらめました。

エビフライ144

大木の下に行くと

エビフライ13

ドイツトウヒの実と、食べた後のエビフライが数本きちんと並べられていて
多分リス?がタネを食べた後の鱗片が積み重なっていました。

エビフライ66


エビフライ49

エビフライと鱗片はヒマラヤトウヒのものが混じっているようにも見え、良くわかりませんでした。


エビフライ18

ヒマラヤトウヒのエビフライになる過程。

エビフライ16

下のものは細くきれいに齧ってあります。

エビフライ45

ヒマラヤトウヒのエビフライの長さは13センチほど。
右に赤松のエビフライと唐松のエビフライ(最小のもの)を並べてみました。

エビフライ58

これは残った鱗片から、ドイツトウヒのエビフライのようです。

エビフライ55

ヒマラヤトウヒとドイツトウヒ(下)

エビフライ56

ヒマラヤトウヒとドイツトウヒ(右)

エビフライ67

ヒマラヤトウヒとドイツトウヒ(右)

関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは。
もぐもぐと両手に挟んで食べているリスさん想像しました。
綺麗に松の実を食べるものですね、
残した殻の エビフライ 見事に仕上がりましたね♪

ユリさん

こんばんは♪
両手で持って食べるのですよね♪
あちこちに食べたあとがあり、そんなリスの姿を想像してみました(^^)
ユリさんのお家にリスがやって来たら
こんな松ぼっくりを食べさせてみたいなどと思いました(^^)

なんか すごく 楽しい
ニコニコ顔で 見入っている自分に 気づきました
ありがとうございます

リスさん、さぞかし満腹になったことでしょう。
いまごろ安心して眠っているのでしょうね・・・・

森の妖精 Oak.さん

楽しく見ていただけて、良かったです♪
リスが作って捨てるものを夢中で拾ってしまう私です(^^)
木の実のことも小さな生き物たちのことも面白いですね!
こちらこそいつもありがとうございます。

直さん

森の大木を見上げると上の方にたくさんの実がついていました。
まだまだ食料はたくさんありそうです。
ニホンリスは冬眠はしないようですね。

エビフライ

今頃こちらにコメントさせて頂いてよかったかしらん。
エビフライたくさんありますね(笑)
松かさとかいろいろ知ってはいましたがエビフライは初めて知りました。
ヒマラヤスギは当然として、ドイツトウヒは以前みたことがありますがヒマラヤトウヒは初めて知りました。
かぜくささんの自然とともに生活されてきたことがうかがえてとても嬉しいし尊敬いたします。

ゆたかさん

コメント、ありがとうございます(^^)
この公園は山の中で遠いところなので、自分では行けないので悲しいです。
ヒマラヤスギは身近にも植えられていますね。
松かさの先の方がバラバラにならずに落ちるので
薔薇の花のようで、リース作りなどに使われますね。
ヒマラヤトウヒは少ないかもしれませんね。
松かさも大きくてふっくらしていて素敵です。
エビフライもふっくらと美味しそうです(^^)
木が作ってくれるものは魅力的です♪