ヒゲブトハナムグリとウスバカゲロウ幼虫の巣

ヒゲブトハナムグリ1

たくさんのヒゲブトハナムグリが、地面近くを飛び回っていました。

ヒゲブトハナムグリ2




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ウスバカゲロウの幼虫の巣もたくさんあり、歩いていた小さな虫が捕らえられました。

関連記事

コメント

非公開コメント

先日孫が学校でヤゴを捕まえたとビニール袋に入れてかえってきました。
じゃ、お家に行って水槽に入れなくちゃといったら、全部使っているというので、虫かごを買いに・・・・
そうしたら、水をカルキ抜きしているあいだに死んじゃったらどうしようと心配しするので、湧水公園まで水取りにいきました。
それも湧き出しているところから水をくむというのでひと騒動・・・・
さて無事にトンボになるかな~~~~

何時も有り難う!ございます。
俳句をやってみたいけれど・・機会がないと・・一歩進めないものですね。僕は縁あって『木語』の句会に入り山田みずえ先生に教えを受けることが出来ました。先生は何年か前に亡くなられて『木語』は廃刊となり・・句会も解散してしまい残念に思っています。博学な先生でベテランも僕のような新人も差別なく良い俳句は取り上げてくれました。・・俳句だけでなく詩や文章を書くのに大変勉強になりました。良い先生に出会えるといいですね。
参考書もいろいろありますが・・黒田杏子先生の『俳句と出会う』がわかりやすく良かったです・・まずは一歩から!ですね。

俳句は気楽に

俳句を作ろうと思うと・・構えてしまいませんか?。思ったこと感じたこと・・見たこと聞いたことを・・気楽にメモをして・・指折り数えて5・7・5にまとめてみる・・かぜくささんのきめ細かなカメラ目線で良い俳句ができると思いますよ。

直さん

お孫さん、いろいろ経験をされてますね!
直さんもそれを助けて奔走されて、思い出がいっぱいですね♪
湧き水騒動、想像してしまいます(^^)
無事にトンボになって欲しいですね!

でんさん

いろいろ教えてくださり、ありがとうございます。
思っているだけで、少しも進まないのですよ。
詩の会に入っているので、私の頭では詩と俳句の両方は難しいというのが、進まない理由のようです。
黒田杏子さんの俳句作りの本は以前読んだことがありました。
でんさんは勉強をたくさんされてますね。
これを機会に少しずつ勉強したいと思います。
どうもありがとうございました!

詩も写真も俳句も

詩も写真も俳句も・・もとは一緒だと思います。表現の違いだけでしょうね。心に感じるもの・・感動!・・だと思います。・・日記を書くつもりで心に留まったものを5・7・5にまとめています。古今から現在に至るまで・・俳句は砂の数ほどあると思います。良い俳句を作ろうと思わないで気楽に頭をひねっています。・・楽しみにしていますよ。

でんさん

そうですね、感動を忘れないように記してみたいと思います。
これをきっかけにしてみますね!