タチガシワ

タチガシワ6

山間の道にタチガシワが咲いていました。

タチガシワ2


タチガシワ1

以前、ここのタチガシワをアサギマダラの幼虫が食べていたことがありました。

タチガシワ5


クワガタソウ

クワガタソウ

クワガタソウ4


ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ

トチノキの花

散っていたトチノキの花。

ミヤマカラマツ

ミヤマカラマツだったろうか・・。

葉

ミヤマタニソバのようです。

葉2

ヤワタソウかな。

苗

コシアブラに似ている。

フキの葉

影を映すフキの葉。

木漏れ日

森のスポットライト。

影


影2

関連記事

コメント

非公開コメント

有り難う!

『葉桜の影斑(まだら)なり杖の先』・・この句を使っていただけて嬉しいです。
何時もかぜくささんにお世話になってばかりですね。
友達が俳句を始めたというので・・久しぶりに富士の芝桜を見に行った時の句ですが・・人工的な芝桜の美しさより・・ごく微妙な自然の動きに心を奪われます。
友達には「俳句は・・良いを作ろうと思うと辛くなるから心の日記として・・書こうね」何て言っています。有り難うね。

でんさん

お返事、ありがとうございます!
次の更新でお借りしますね。
桜ではなかったのですが、とても情景が似ているように思いました。
言葉遣いが難しくて俳句はなかなかですが、最近はいつも考えているんですよ。
このまま止めずに考え続けていきますね。
どうもありがとうございました。