冬に透ける

センナリホウズキ1-2

土の上でセンナリホウズキの萼が透けていた。

センナリホウズキ2

きれいな緑。

センナリホウズキ3



ナツフジ3

ナツフジの木の下では、散り重なった小さな葉たちが透けている。

ナツフジ2


関連記事

コメント

非公開コメント

いつもながら感心しています。
このレース模様も素敵です。
そうそう、昨日紅葉の葉っぱについて氷を写しましたが、かなり気に入りません。

ああ、きれい~~

言葉がありません。

どうしてこんなにきれいなのでしょうね・・・

葉脈だけの葉っぱ、私もコレクションしています。

<命終え葉脈のみとなりし葉の
          はかなき姿胸に染み入る>

せんなりほうずき

かぜくささん、こんばんは(^^)
せんなりほうずきというのですか?初めて知りました。
赤いほうずきのアミアミは、時々見かけて、わたしも写真に撮るのですが
このグリーンの実はなんて綺麗なんでしょう…
もう、うっとりです。
きっとかぜくささんは、綺麗に洗ってあげるのですね。
そういう繊細さ、見習わなくては。
わたしも今度見つけたら、綺麗に洗ってあげたいなと思ってしまいました。

カヤネズミさん、はじめまして(^^)
和歌の美しさに、心打たれて、ついコメントしたくなりました。
かぜくささん同様、綺麗な想いを感じました。素敵です。

直さん

自然の中の目立たないけれどきれいなもの、たくさんみつけたいですね。

直さんも霜を見られましたね!
紅葉の色と氷を合わせて写すのもいいなぁと思いました。
いろいろな記事を読ませていただいていますが
楽しかったり教えられたりしています。







> いつもながら感心しています。
> このレース模様も素敵です。
> そうそう、昨日紅葉の葉っぱについて氷を写しましたが、かなり気に入りません。

カヤネズミさん

自然が作ったものの前では、私たちは言葉を失いますね。
ただただみつめることしかできません。

透けた葉をみつけるとそっと拾いたくなりますね。
押し葉にもしてあるので、どうなったか見てみようと思います。

素敵な歌ですね。
歌を返せないのが悲しいです。
葉脈のこと、いろいろ思いめぐらしました。

sizukuさん

こんばんは(^^)♪

センナリホウズキは薬として昔栽培されたのか、畑の縁でも見たことがあります。
これも土手で実をとって、タネを蒔いたのです。
紅いホウズキよりも小さくて、直径2センチくらいでした。
小さくてくずれそうで、洗ったりはしませんでした。
私は繊細なことはなくて、ただのあわてものです(*_*)

紅いホウズキの透けたのを水につけて作ろうとしたのですが、ダメそうです。

カヤネズミさんの言葉は心が表れて美しいですね。
見習いたいといつも思っています(^^)

直さん

前の返信ですが、下のほうの消そうと思った部分を残して投稿してしまいました。
すみませんでした。