ホソバノツルリンドウの果実

ホソバノリンドウ19

ホソバノツルリンドウの果実をいただいた。
蔓つきの果実と種子。

ホソバノリンドウ6

果実

ホソバノリンドウ3

萼筒をはがしてみた。

ホソバノリンドウ5

種子が詰まっているのが透けて見える。

ホソバノリンドウ2

細かな粉のような種子。

ホソバノリンドウ8

ツチアケビの種子もこんな感じだったな。

ホソバノリンドウ14

翼があってきれい。

ホソバノツルリンドウ8uu

ホソバノリンドウ11

ポリ袋に入れようとしたとき、静電気で張り付いてしまった。

ホソバノリンドウ12

大きさは違うけれど、ウバユリの種子にも似ている。

ホソバノリンドウ13

網目模様がある。

花は見たことがないけれど、いつかどこかで出会えるといいな。
最近見ていない、赤い実のツルリンドウにも。
関連記事

コメント

非公開コメント

ずいぶん可愛らしい種ですね。
自然の知恵が詰まっている様子がよくわかります。

リンドウの種

かぜくささん、あけましておめでとうございます。
昨年は、もう一度かぜくささんとお話しできるようになれて
細やかに自然を見つめるブログを読めて本当に嬉しかったです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。ブログをF2Cからエキサイトに変更してしまいましたが、これからもよろしくお願いいたします。

リンドウの種子って、初めて見ました。エゾリンドウなどもこのような種子なのでしょうか?
赤い実のツルリンドウは、あの中にこのような種子が詰まっているのでしょうか?種一つ一つに翼があって透き通って綺麗ですね(*^_^*)

直さん

ただの粉のように見えるのですが、写して拡大するとタネの周りには翼もあって、感心してしまいました。
かわいいです。
散布の方法も考えられているのでしょうね。

sizukuさん

sizukuさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ再びお話できて嬉しかったです。
今年もよろしくお願いします。

sizukuさんの書く力は真似できず悲しいですが、刺激を受けています。
今度は風街角の方にお邪魔しますね。

エゾリンドウはリンドウや、このホソバノツルリンドウと似ている種子ではないかと思います。
大きさは違うかもしれませんが、あまり見たことなくて。
ツルリンドウのタネも一度見ただけで忘れていますが、他のリンドウと違って、白いふわふわの中に普通な感じの黒っぽいタネがいくつか入っていたような記憶があります。
もう一度みたいです。

赤い実ではないのですね。

こんばんは。
普通のツルリンドウは赤い実ですが、ホソバノツルリンドウは違うのでしょうか。
私はツルリンドウの赤い実の種は確か白い普通のピーマンのような種だったと記憶しているのですが、記憶違いだったのかしら。
確か蒔いたら芽が出て花が咲きました。

ホソバノツルリンドウがこんな種だったとは驚きです。♪
このような観察はかぜくささんならではですね。
他の竜胆の種も1度確認してみることに致します。(^^)

アザミの歌さん

ホソバノツルリンドウの実は赤くならないようですね。
ツルリンドウのタネは検索すると茶色で丸みを帯びた偏平で二ミリと書かれています。
小さなピーマンのタネのようにも思えますね。
色は、私が赤い実から出してみたのも黒っぽかったです。
熟す前は白で、それでも芽が出たのかもしれませんね?

ほんとに、ホソバノツルリンドウのタネの細かさと造形には感激しました。
普通のリンドウにも最近は出会えずに寂しいです。
アザミの歌さんもぜひいろいろなリンドウのタネを見てみてくださいね。
期待してます(^^)