センダンの果実

センダン9

断面は蓮根のようでした♪

センダン1

ギンナンに似た香りがする、まだ柔らかなセンダンの実。

センダン2

皮と果肉を取り除いてみました。

センダン3

硬い核を剪定鋏で割ってみました。

センダン4

細かくなっても指では割れない硬さでした。

センダン5

崩れやすい種子を取り出してみました。

センダン6

種子を見たのは初めてかもしれません。

センダン8


センダン7

蓮根のような、花のような断面がきれいでした。

関連記事

コメント

非公開コメント

実に見事な断面構造ですね。
すごいですね。

へ~~!!

枚方ではセンダンは身近にあって、タネはよく飛んできていたのですが、種を取り出す好奇心が無かったです、、、さすがかぜくささん☆☆☆

たしかに断面がきれいですね。明けで見ればよかったと後悔しきりです。

直さん

切ってみなくてはわからない植物の秘密(^^)
よくできているものですね!

森のどんぐり屋さん

あの硬い核を種子だと思っていましたので、中を見ることはなかったのですよ。
実とタネって難しいですが、面白いですね♪
私も今回センダンの中の美しさを知り、親しみが増しました。
森のどんぐり屋さんもまたセンダンの実を見られるといいですね!

丁寧

とても丁寧な自然観察ですね。
感心しました。
詩も聞こえてくるようです。

こんばんは^^

ふふ・・一生懸命に実を割ってるかぜくささん
想像しちゃいました^m^

前回の記事、オオオナモミ?
名前は知らなかったけど、子供の頃
このイガイガの実で、よく遊びました。
懐かしいですね^^

むくさん

見ていただいて、ありがとうございます。
言葉でうまく説明できないものですから、画像を多く載せています。
興味のあることは細かなこともできるものですね(^^)
そうですね・・こうしたことから詩を感じられるように意識してみたいです。

きとり*さん

こんばんは♪
自分でも何をしているんだろうとたまに思います(^^)

オオオナモミ、子供の頃遊びましたよね(^^)
私があのころ遊んだのは昔からあったというオナモミだったのかもしれず
みつけて両方を比べてみたいです。
あとヤエムグラもセーターによく貼りつけて遊びました♪
懐かしいですね♪