アカミノアカネで草木染

クルマバアカネ

道端に生えるアカネの根で茜色を染めてみたくて、何年も根を集めようとしていましたが
アカネは見つかっても、茎が長く伸びていて、刺もあり、根はどこだか分からないことが多く
集めるのは無理でした。
この移入種のアカミノアカネがひどくはびこっていたので、茎と葉と実で染めてみました。

クルマバアカネ-

赤みはありませんでしたが、こんな色に染まりました♪

今年はアカネのタネをたくさん蒔いて、根を採れたらいいのだけれど・・。

関連記事

コメント

非公開コメント

アカネではないけれど?

穏やかないい色ですね。木綿ですか?それとも絹?

草木染をするのに、根や幹の皮や細い枝を使うなんてことを知ったのは、つい最近でした。
おろかにもお花で染めるのだと思ってて・・・・(^^ゞ

茜色

かぜくささん、おはようございます。
なんて優しい色合いでしょう。自然の色あいですね。
本来のアースカラーのくくりからは外れるのかもしれないけれど
アースカラーって呼びたい色合いだと思います。

そして、あかねの根で染めた茜色はどんな色に染まるのだろうと想像しました。

草木染って、とても素敵です。かぜくささんは、草木染工房を開けるのではないかしら(*^_^*)

カヤネズミさん

木綿はそのままでは染まりにくいので、絹で染めました。
(安かったので買っておいた、多分、着物の裾回し?の生地ではないかと思います)
草木染の材料はおもしろいですよね。
梅などは花が咲く前の枝がいいそうです。
色素がまだ枝に残っているからなのでしょうかね。
とても素敵な世界です。
花びら染めというのもありますね(^^)

sizukuさん

sizukuさん、こんにちは♪

梅の枝で染めたものと似ていましたが、色は淡かったです。
自然からもらった色なので、アースカラーと呼びたいですね。

アカネで染めたものを見てみると、信じられないほど濃い赤もでるので、
一度染めてみたいなと思いました。
草木染って、鮮やかな色も染まるものなのですね。

ハンカチ一枚でいいから染めてみたかったですが、
タネを蒔いてからでは何年先になるか分からないですね(^^)

お花で染めるのもあるのですね

知らなかったです。露草は色が水に溶けてしまうから染められないでしょうかね?
もし染められたら、すばらしい色なんだけど・・・

カヤネズミさん

草木染のことは詳しく分かりませんが、自己流でいろいろ試してみたいです。
紅花染めも花びら染めの一種のようですね。
露草は染められないのかもしれませんね。
クサギの実が青が出るそうなので、いつか試して見たいです。
実を集めなければ♪

お友達のりまさんの染色のページです。
親切に染色方法を書いて下さっています。↓

http://members.jcom.home.ne.jp/rimari/1framset.html

(りまさん、紹介させていただきます)