アカマツの樹脂など

樹脂

赤松の切り株に樹脂が光っていました♪

樹脂3

食痕2

木の下には、こんな食痕がたくさん落ちていました。

椿


卵のう

クモの卵のうなのか、よく見かけるのですが、わからないままのものです。

卵のう2

これもよく見かける、数ミリの小さなもの。

3d3s.jpg

池のふちには、足跡が。

あしあと

足跡8

猪と思って見ていましたが、鹿かもしれません。

あしあと6

これは雪の残っているころに写したものです。

あしあと7


あしあと8

畑を横切ったのは誰なのでしょう。
テンではないかと教えていただきました。歩き方、大きさから、テンのように思えます。
きのこ山書房さん、ありがとうございました♪

関連記事

コメント

非公開コメント

いろいろと

1枚目の赤松の樹脂はきれいですね!
見とれてしまいます。
野山には、いろいろと発見がありますね。
畑を横切ったのはテンあたりではないかと思いますが、
どうでしょうか。

宝石のような、宇宙のような樹脂に見とれました!
うつくしい。。

きのこ山書房さん

ありがとうございます♪
この時期になるとふらふらと歩きたくなり
そうすると木が切られていることが多く
年輪や樹脂を見たくて吸い寄せられてしまいます。
町を見下ろす丘の赤松林で写しました。
これから野山歩きが楽しくなりますね。

久しぶりに動物の足跡を検索してみました。
大きさや歩き方、足の形などから、テンかもしれないですね。
イタチとテンは体の大きさも随分違うことを知りました!
どうもありがとうございました!

musimegane6 さん

嬉しいです♪
樹脂、大好きなんです。
キラキラした宇宙なんて、素敵ですね!
花粉症が良くなったら、いろいろ見つけたいです。

いつの記事だったか、musimegane6さんの
切り倒された神社?の大木の苔観察の記事、面白かったです(^^)
いつもは見られない高いところのものが見られるって
わくわくしますね。

苔もたくさん写してあるのですが、難しいです!

かぜくささん、こんにちは。
ごぶさたしております。
たぶんブログでは新年のご挨拶もしていない気が…

こちら今朝も-20℃でしたが、そちらは散歩が楽しい暖かさでしょうか?
アカマツの樹液、とてもきれいですね。
食痕は誰のしわざでしょうか。そして足跡は?
そんなことを想像するだけで、とても楽しくなります。

大好きな植物写真家の埴沙萌さんが、先月亡くなられました。
僕なんかがいうことではありませんが、とても良い仕事をなさった方だと思います。
そして福音館ではたくさんのふしぎで富岡製糸場が出版されるようです。
では また!

kanetaさん

こんばんは♪
こちらこそ御無沙汰しています。
年が開けると3月になるのが早いですね!
ことしもとうとう3月です。
この散歩をしたときはまだ良かったのですが
今は一番花粉が辛いときで、ただ日を過ごしています。
本当の春が待ち遠しいです。
でももう少しです。
冬が終わっての春の野山の散歩は、何があるか、楽しいものです。

埴沙萌さんのHPの日記を見てきました。
明るい最後の日記でした。
昔、図書館で埴沙萠さんの植物写真集を初めて知った時は驚いたものです。
人々の心に残る写真を残されましたね。

たくさんのふしぎで富岡製糸場ですか!
どんな不思議があるのでしょうか♪
たまたま行った自然史博物館で、
製糸場内のゴミ捨て場から発掘されたものなどが展示されていました。
薬の瓶やボタンや食器など昔の懐かしいものたちが掘り出されていました(^^)

そちらは天気も荒れているのでしょうか。
寒そうですね。
kanetaさんは今年も多くの自然の写真を撮られ、お互い楽しく過ごせたらいいですね。
どうもありがとうございました。