晒しホオズキ

ほうずき8

水につけておくだけで透けたホオズキができると知り、作ってみました。

ほうずき3

繊維の色は抜けなかったけれど、晒しホオズキを作ることができた♪

ほうずき1

これは少し白かった。

ほうずき2

漂白剤につければ、白くなるのかもしれない。

ほうずき5

緑のセンナリホオズキと一緒に。

関連記事

コメント

非公開コメント

これこれ、何度見てもきれいだなとおもいます。
すばらしいですね。
私の近所では見かけません。

直さん

時々自然のままで透けているのを見かけ、自分でも作ってみたいと長年思っていて
ようやく作ることができました♪
透けた中に赤い実がそのままで、きれいなものですよね。

かぜくささ~ん
またまた素敵すぎます~ 以前見せてもらった緑色の「センナリホオズキ」でしたっけ! どちらも「さらしホオズキ」に出来るんですね、とてもきれいです。
里山の「見山の郷」で売っているんですよ(秋かな?)
今年は買ってみようかしら。

nerineさん

ありがとうございます♪
何年も作りたいと思っていたので、作れて満足しています(^^)
センナリホウズキは根元にこぼれてそのまま自然に透けていたのですが
こんどは水にもつけて作ってみたくなりました。

今回のはお盆に買った大きなホウズキで、しばらく飾ったあと、乾燥ぎみのものを水につけたので、
赤い実が壊れたものもありました。
次は普通の大きさのホウズキで乾燥しないうちに水につけて作りたいです。

まあ!

お水につけるだけで出来るのですか。知らなかったです。
夏になったら試してみますね。
教えてくださってありがとうございます!!

カヤネズミさん

そうなんですよ♪
何か薬品とか入れるのかなと思って、なかなかできなかったのですが
水だけでいいので、気軽にできますよ!
ボールの水に浸して水道の側において、毎日水を取り替えてみました。
そのままにしておくという記述も見ましたが、取り替えてみました。
一ヶ月以上かかったかもしれません。
私も今度は夏にしてみたいです。