オオヨシキリと本の紹介

オオヨシキリ

鳴き声を聞くだけで、姿を見ることは稀だったオオヨシキリ。

オオヨシキリ2

久しぶりに姿を見られました♪

オオヨシキリ3


オオヨシキリ4

遠い木に飛んでいきました。

深く考えずにヨシキリと呼んでいましたが、ヨシの茎を切って中の虫を捕食するので
「葦切」というのだそうです。知りませんでした!

↓名前の由来はこの本で知ることができました。
呼び名事典2-2

由来がわかる 野鳥の呼び名事典」 大橋弘一著 世界文化社

呼び名事典4-2
 
いただいたものですが、とても分かりやすく、鳥達への親しみが増す楽しい本でした♪

関連記事

コメント

非公開コメント

この本、よさそうですね。
花も鳥も名前の由来がわかるとより親しみがわきますよね。

直さん

とても楽しくわかりやすい本でしたよ。
名前の由来を知ることはより鳥に親しみがわきますね。
古い言葉からきていることが多く、なるほどと感心することが多かったです。

20年ほども前に埼玉に住んでおりましたが、江戸川沿いの庄和町(当時)にドライブに行ったとき、江戸川の堤を歩きながらオオヨシキリのにぎやかな囀りを楽しみました。でも姿が全然見ることができなかったんです。今回かぜくささんの写真でこういう鳥かということがわかりました。
とても懐かしかったです。

ゆたかさん

江戸川のオオヨシキリの囀りは賑やかだったことでしょうね。
私もどこで鳴き声を聞いても姿を見ることはあまりなく、見たくて仕方なかったです。
今回、幸運にも少しだけ見られました。
また同じ場所へ行ってみたいです。
ゆたかさんにも懐かしく思っていただけて、良かったです♪