イヌビワの花嚢

イヌビワ1
クワ科イチジク属

イヌビワ2
憧れだったイヌビワの実(花嚢というのだそうです)

イヌビワ29
園芸店で購入した小さな木にいくつかついていました♪

イヌビワ21


イヌビワ3
縦に割ってみました。

イヌビワ4
白い汁がすぐに出てきました。

イヌビワ23
横に割ってみました。

イヌビワ25


イヌビワ6
イチジクのように詰まった雄花?雌花?果実?虫えい?

イヌビワ7
雌雄別株で、雄花嚢と雌花嚢があり、今頃木についているのは雄花嚢らしいのですが
全くわかりませんでした。

イヌビワ8
いつか分かるように大きく写しておきました。

イヌビワ9


イヌビワ10


イヌビワ11


イヌビワ30


イヌビワ20
乾燥したもの。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

詳しい観察

いつもながら詳しい観察ですね。
雄花嚢なら丸い虫えいがあるのだそうですね。ビワとなっていてもイチジクの仲間だそうですが、見た目形はビワのようでもありますよね。
僕も以前撮りましたがただ撮るだけで縦とかで割って詳しくみることはしませんでした。
雌花嚢なら食べられるそうですけどそれほどおいしくないそうですから「イヌ」って名付けられてしまうんですね。しかしこれ犬に対する偏見ですよねぇ。昔はそういうイメージの方が強かったのでしょうね。今の可愛い犬たちを見ると、もうこのような名づけのしかたはないかもね。

No title

こんにちは^^

ほんとほんと、無花果そっくり^^
食べられるのかな・・
なんて、すぐ食欲に走っちゃう^^;
無花果、大好きなんですもの~

縦に割り横に割り、いろんな方向から観察。
また新しい課題が見つかったんですね^^
私はもっぱら食べられるのかダメなのか?ばっかりです~(笑)

ゆたかさん

雄花、雌花、虫えい、まったくわかりませんでした。
ゆたかさんのページをまだ見ていませんでしたので、見せていただきました。
果嚢がしっかりできていましたね!
果実もよくわかるのですね。
シロテンハナムグリも愉快でした~(^^)
園芸は苦手なので、もう新たな花嚢を見ることはないかもしれませんが
これだけ見られて良かったです。
あとは、オオイタビの花嚢を見られたらなと思っています。
なにげなくイヌビワが生えているゆたかさん地域がうらやましいです!

犬とか、カラスとかもそうですが、気の毒ですね(^^)
昔は犬はそうした扱いだったのでしょうね。
今は可愛いワンちゃんがいっぱいで、人の見方もすでに変わっているでしょうね。

きとり*さん

こんばんは♪
ずっとずっと見たかったイヌビワだったので、嬉しかったですよ♪
食べられるか、食べられないかということは少しも考えなくて(^^)
無花果、好きなのですね。
甘くておいしいですよね。
子どもの頃木があったので、そのときはよく食べました。
こんどはイチジクを観察することにします。
野山の実を見て、食べられるかな・・と考える人は密かに偉いなぁと思っています。
私は実やタネへの興味ばかりで、これではいけないと思っています(^^)