イクビゴケ

イクビゴケ3
イクビゴケ科 イクビゴケのようです。
胞子体が猪の首に似ているからだそうです。

イクビゴケ1
三月の撮影です。山沿いの道の岩に生えていました。

イクビゴケ10


イクビゴケ9
猪の首に似ているような気がします。

イクビゴケ4


イクビゴケ5


イクビゴケ7-2
緑色の胞子が詰まっていました。

イクビゴケ7

関連記事

コメント

非公開コメント

コケ  食べるのはコケコッコー???

いつもながらきれいに撮っておられますね。
苔はスギゴケとかゼニゴケという名前だけは知っていますがよくしらないです。イクビゴケとは面白い名前ですね。カゼクサさんは多方面に詳しくて学者さんみたいですが、学者さんですか?
話が飛びますが、小川洋子という作家の短編小説集「原稿零枚日記」の最初の短編が苔料理の話なんです。ミズゴケ、サヤゴケ、ギンゴケ、ムクムクゴケ、ヒメジャゴケ等々、それらの酢味噌和え、天ぷら、煮つけなどの料理が出されるのです。最初読んだときはそういう苔は作り事の世界かと思っていたら、今回かぜくささんの写真に触発されて調べたら実在の苔なんですね。ということは苔料理というのもあるのでしょうか。植物だし食べられそうですね。

ゆたかさん

コケ、食べるの怖いです~(^^)
いえいえ、いろいろな植物に興味があるだけで、深くは知らなくて
お恥ずかしいです。
コケもいくつか覚えたいと思っているところです。
スギゴケもゼニゴケも種類があって、分からなくなっています。
立派な図鑑があればいいのですけど、つらいところです。
コケのお料理、よく分からないですが、あるらしいですね!?
ムクムクゴケというのは初めて知りました!
コケは私には食べられそうにないです~(^_^;)