ジンガサゴケ

ジンガサゴケ2-2
ジンガサゴケ科 ジンガサゴケ属 雌雄同株
白い毛の束がジンガサゴケの若い雌器托だと、ようやく分かりました。 と、思ったのですが
雄器托でしょうか?また調べてみます。
11月の撮影です。   以前の記事はこちらです。

ジンガサゴケ20
2月、だんだん成長して

ジンガサゴケ23
3月末、ジンガサゴケの雌器托と分かるようになっています。

ジンガサゴケ22
3月末、池の傍らの土手で

ジンガサゴケ28
4月、伸び始めています。

ジンガサゴケ25


ジンガサゴケ33
初めて知る可愛らしく不思議なコケの姿に驚いた2年前でした。

ジンガサゴケ26


ジンガサゴケ27


ジンガサゴケ36


ジンガサゴケ34


ジンガサゴケ35


ジンガサゴケ30
5月、胞子を放出し終えたようです。

ジンガサゴケ38
雄器托のことは知らずにいましたが、ぼんやり写っているものが雄器托のようです。

ジンガサゴケ37
雄器托とは知らずにいたので、今年は観察したいです。

関連記事

コメント

非公開コメント

ジンガサゴケ

チョット見 陣笠に見えます。
雌器托の発生から 成長中を通じて 存在感のあるコケですねσ(^^)♪
写真が すばらしいと思います(^<^)

Omagaeruさん

いつもありがとうございます♪
陣笠に似ているからジンガサゴケというようですね。
よく似てますね。
全く知らないコケの世界、少しずつ知っていくより仕方ないですね。
なるべく分かりやすい写真をと思いますが、大丈夫でしょうか(^^)♪

こんにちは

こんな名前の苔もあるんですか。確かに陣笠ですね。面白いです。

多摩NTの住人さん

こんばんは♪
いつも見ていただいて、ありがとうございます。
陣笠によく似ていますよね。
ジャゴケなどはどこでも見かけますが、ジンガサゴケは
一か所でしかまだ見ていないので、別の場所でもみつけてみたいです。