水に浮かべて カタバミ類

ムラサキカタバミ24
ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ37
ムラサキカタバミ  

カタバミ046
カタバミ

カタバミ053
カタバミ

カタバミ057
カタバミ  アカカタバミ  ナズナ

カタバミ065
カタバミ  アカカタバミ  ナズナ

カタバミ069
カタバミ  アカカタバミ  ナズナ

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

やはりカタバミは最強のハートの意匠ですねぇと感じました。ナズナの果実をちぎって浮かべることは、ハートの数を数えることと、あるいは考えることと同じであると感じました。
ハート型に人の心をあてがう時、そこには壮大な心の物語が紡がれ、そしてここでは一皿に凝縮されていると思います。
実際、面白いカタチだなと誰かに感じていただけたのなら、それは草花と大地と私たちがつながった瞬間なのですよね。

アトリエ神岡さん

カタバミのハートは最強!
確かにそうです。
このハートを見るたびに、どうにかできないかと思っていました。
押し葉にしたりもしましたが、水に浮かんだ葉は緑も鮮やかで
自然の造形に目を見張るばかりでした。
何気なくあぜ道などで、草花を摘み取る幸せ。
自然と共に在ることのありがたさ。
自然のかたちや色に心惹かれながら、人は大地とつながっていますね。